生活雑貨

Artek Riihitie Pot

アイノ・アアルトが自邸のために
デザインしたフラワーポット。

1937年のパリ万博で注目を集めたものの
当時は製品化まで至らなかったのですが、
80年の月日を経て、待望の製品化となりました。

植木鉢としてはもちろん、
雑誌や書類の収納場所にしたり、
散らかりがちな小物をまとめる
ボックスのように使うのもおすすめです。

オブジェのような美しい佇まいは
ただ置いてあるだけで目を引きます。

当店ではホワイト、ライトグレー、ネイビーの
3色を展示しております。


Aタイプ(ホワイト)


Bタイプ(ライトグレー)


Aタイプ(ブルー)

散らかった小物の整理や植物の購入を
ご検討中の方はぜひ一度お確かめください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。